トイプードルに歯磨きはいつから?やり方や必要なもの、嫌がる時の対策まとめ

結論から言えばトイプードルに歯磨きは必要です。

そして歯磨きは毎日行うべきもの。

ここではトイプードルの歯磨きに必要なものや、その手順、歯磨きを嫌がる時の対策などを解説しています。

 

歯磨きをしなければならない理由

人間と同じようにトイプードルもご飯を食べれば歯垢が付着します。

その歯垢を放置すると、ミネラルやカルシウムが歯にくっついてしまい、石灰化してしまいます。

歯垢が積み重なると歯石となってしまうのです。

 ポイント

歯石ができてしまえば、トイプードルの口内は歯周炎等の原因になります。

ですから毎日歯磨きをし、トイプードルの口の中の環境を整えてあげなければなりません。

 

歯磨きはいつからやるべき?

歯磨きはあなたが飼い始めたその時期からやらなければなりません。

たとえばそれが子犬でも、ご飯を食べたら歯磨きをする習慣を付けなければならないという事です。

oyatu1 トイプードルに歯磨きはいつから?やり方や必要なもの、嫌がる時の対策まとめ

もちろんトイプードルは、飼い主の言うことをしっかり聞いてくれないでしょう。
なので、人間のように完璧に歯垢を取りきるということはハッキリ言ってムリです。

ですが毎日コツコツと少しでも歯磨きをしておくという事が非常に大事。

少しでも毎日の積み重ねで歯磨きをしておくことで、歯磨きをしていなかったトイプードルと比べると、虫歯の量や口臭のキツさが大分変わってくるからです。

 

歯磨きの頻度

基本的に、人間の子供を育てるのと同じで、食後には歯磨きをするという習慣をつけると非常に良いですね。

ですが、実際犬を飼っているとなかなか時間が取れないものですよね。

 ですから、最低でも夜の歯磨きは怠らないようにしましょう。

夜は唾液が回りませんから、虫歯菌の活動が活発になります。
その結果、歯がなくなってしまったり、口臭がきつくなったり…。

 

ちなみに、1日に4回も5回も歯磨きをするというのはさすがに多すぎです。

 

口臭がキツイ場合にも効果的

犬の口臭の原因は、体調不良ということも考えられますが、歯垢の蓄積が原因の口臭もあります。これは人間と同じですね。

多分この口臭は病気だから。」と決め付けて、歯磨きをしないという事は絶対にやめてください。

基本的に歯磨きは絶対にした方が良いので、トイプードルが病気であろうが病気でなかろうが、歯磨きをする習慣を付けておく方が良いでしょう。

 

用意するもの

トイプードルの歯磨きを効率的に行うために、いろいろ準備をしておきましょう。

歯ブラシ

歯ブラシは、ブラシのタイプと、ガーゼタイプのものがあります。

  • ブラシタイプは、人間と同じ歯ブラシの事。
  • ガーゼタイプの歯ブラシは、ガーゼを指に巻き付けて、拭くようにして歯磨きをするもの。

 

ブラシタイプの方が、ゴシゴシと歯垢を取ることができますが、ブラシを嫌がるトイプードルも多いです。

 

ガーゼタイプは、人間のに指で細かな感覚をもとに磨くことができるので、表面についている歯垢をしっかりと取ってあげることができます。
ただしブラシのように、細かな部分に届かせることは少し難しくなってしまいます。

 

歯磨きを嫌がるトイプードルには、指の入れ具合などの微調整ができるガーゼタイプがオススメ。

噛みグセがあるトイプードルにはブラシタイプのものを選ばないと、噛まれて流血してしまうので、あなたのトイプードルに合ったブラシを選びましょう。

 

歯磨き粉

実は犬用の歯磨き粉というものも存在します。

当然、歯磨き粉を付けたほうが歯垢を取りやすくなりますが、絶対に付けなくてはならないものではありません。

あくまでも、歯磨き粉をつける方が好ましいだけということ。

 

マウスウォッシュ

  • 歯磨きの仕上げとして
  • 口臭を和らげる
  • 歯茎のケア

このように犬のマウスウォッシュには様々な用途があります。

 ポイント

マウスウォッシュをする方法は、人間のようにうがいをさせるものではありませんので簡単。

商品によって方法は様々ですが、基本的に飲み水にまぜたり、ドッグフードにふりかけるだけでOK。

また、歯茎にちゃっとスプレーするだけなど、非常に簡単なので、犬の口内環境を整えてあげるにはマウスウォッシュはお手軽で効果的です。

 

具体的な歯磨きの方法

1.犬の口を開ける

犬の顔の後ろから手をまわし、上あごを掴んで、中指を犬歯の後ろに入れましょう。

 

2.ブラシを口の中に入れる

歯ブラシタイプは、歯の隅々まで行き届くようにブラシをかける。

ガーゼタイプは指に巻いて、同様の歯磨きを行ってください。

 

3.細かいところまで磨く

唇をめくって歯の横や犬歯、前歯を丁寧に磨いてあげてください。

oyatu1 トイプードルに歯磨きはいつから?やり方や必要なもの、嫌がる時の対策まとめ

奥歯は磨きにくいので、より丁寧に行いましょう。
犬の上あごを下から親指で突き上げるようにすると磨きやすいです。

 

歯磨きを上手に行うコツ

優しく触れる

oyatu1 トイプードルに歯磨きはいつから?やり方や必要なもの、嫌がる時の対策まとめ

歯磨きに慣れていないトイプードルには、まずは優しく触れるという事を心がけましょう。

歯磨きは怖くないものと教えるために、おやつを与えながら歯磨きをするのも効果的。
当然ですが、おやつを与えながらの歯磨きは、歯を綺麗にする目的よりも、慣れさせる意味合いですよ。

おやつを与えながら口の中を触り、どんどんと歯磨きの形へ近づけていくとスムーズに歯磨きを覚えることができます。

ゴシゴシ磨かない

いくら歯磨きになれたとはいえ、ゴシゴシ磨くのは良くありません。
その理由は、犬の歯茎から出血してしまうからです。

歯茎から出血するようになれば、犬は歯磨きを嫌がるようになってしまいます。

毎日こまめに優しく歯磨きをすれば、歯垢を落とすことができます。

口の中全体をまんべんなく優しくブラッシングしてあげることが、嫌がられない歯磨きのコツです。

 

骨やガムは歯磨き効果を望めるが…。

骨や歯磨きガムなど、少々かためのものを噛ませてあげることで、歯の汚れを削り落とすことができます。

さらに噛むという行為が唾液の分泌を促すので、歯の汚れを促す効果も見込めるのです。

 注意

ただし、骨や歯磨きガムにはリスクが伴います。

  • 骨は、歯を痛めてしまう危険性。
  • ガムは、噛み切れずに喉に詰まってしまう危険性

 

たしかに歯の汚れを落とす効果はありますが、これらに注意しなければならないので、あまりオススメできません。

 

うちのトイプーはどうしても歯磨きを嫌がる…。そんな時は

トイプードルには歯磨きを毎日するべきですが、なかには「どうしても歯磨きをしてくれない。」という犬や、あるトイプードルは、「まるで性格は変わってしまったかのように凶暴化してしまう」ことこともあります。

だから歯磨きができない!という飼い主さんも実は多いんですよね。

そんな時は、「ムリに歯磨きをせず与えるドックフードをドライフードに徹底する。」ということを心がけてください。

ドライフードの固さで、歯の汚れを落としながら、食べることができますから。

oyatu1 トイプードルに歯磨きはいつから?やり方や必要なもの、嫌がる時の対策まとめ

最後に食べたドライフードが口の中に残ってしまうというデメリットがありますが、ある一定以上の歯垢がたまらないので、歯磨き嫌いなトイプードルにはドライフードがオススメ。

 

もちろん歯磨きをするにこしたことはありませんが、どうにもこうにもうちのトイプードルは歯磨きをしてくれないという方は、一日の最後に与える餌をドライフードにするということを徹底してくださいね。

 

 注意点

一日の最後、たとえば寝る直前に与えるフードが柔らかめの場合、歯の間に汚れが詰まったまま寝てしまうことになります。

それは、虫歯菌を増殖させたり、キツイ口臭を招く原因となるので注意が必要。

ですから歯磨きができない場合、最後はドライフードである必要があるのです。

 

次のページでは、トイプードルにオススメのドッグフードを紹介しています。

子犬のトイプードルにもオススメなので、ぜひご覧くださいね。

 

次のページ>>>トイプードルの子犬の餌はこれがおすすめ!栄養満点・食いつき抜群の魔法のドッグフード

 

  • 大量の目やに!?トイプードルが涙やけしないドッグフードで対策すれば簡単に改善できる
    大量の目やに!?トイプードルが涙やけしないドッグフードで対策すれば簡単に改善できる
  • 子犬のトイプードルの平均体重を年代別に見る!体重管理をする食事方法など
    子犬のトイプードルの平均体重を年代別に見る!体重管理をする食事方法など
  • トイプードルに歯磨きはいつから?手順や必要なもの、嫌がる時の対策まとめ
    トイプードルに歯磨きはいつから?やり方や必要なもの、嫌がる時の対策まとめ
  • トイプードルにおやつを与えるのはいつから?タイミングや注意点なども細かく解説
    トイプードルにおやつを与えるのはいつから?タイミングや注意点なども細かく解説
  • トイプードルのアレルギー症状と原因!一番多い食物アレルギーについて
おすすめの記事